料理・食材

【高血圧対策】高血圧対策に果物は有効?我が家で取り入れている5つの果物

更新日:

 DASH食という考え方があります。食事療法の一つで、高血圧を防ぐ食事とされています。DASH食では果物や野菜等の積極的な摂取が勧められています
 ポイントはカリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、タンパク質だそうです。
 ここでは、我が家が高血圧対策&ダイエット目的でよく食事に取り入れている食材のうち、果物に関してまとめてみました。

我が家が積極的に食事に取り入れている果物

 我が家が積極的に食事に取り入れる基準は「手に入れやすさ」と「コスパ」です。もちろん、果物自体の成分による「働き」も考えなくてはいけませんが、それ以上に「続ける」ことができないと、結果は見えてこないのではないか、と思っています。

リンゴ


 リンゴはカリウムと食物繊維が多く、DASH食で果物のラインナップには必ず記載があります。
 我が家では朝食にリンゴを出すことが多いです。リンゴは食感もあり、お腹にも貯まりやすい感じがあるので、満足感が得られやすいと思います。

ミカン


 ミカンはDASH食のラインナップでは見かけません。ただし、カリウムも食物繊維も豊富に含まれています。また、DASH食発祥の地アメリカでは、DASH食にオレンジが挙げられるようです。
 我が家では積極的にミカンを食べています。理由は持ち運びしやすいから。
 夫は帰りが遅いので、夜ご飯としておにぎりを持たせていますが、おにぎり1個では満腹にならず、かといっておにぎり2個は持たせたくない。という理由で、冬の今の時期はミカンを持たせています

イチゴ(冷凍イチゴ)


 イチゴもDASH食のラインナップとしては見かけることはありませんが、カリウムが多く含まれています
 青果のイチゴは高く、日持ちしませんが、今やコンビニやスーパーなどで冷凍イチゴは多く見かけます。我が家ではこの冷凍イチゴを砕いてから再冷凍し、ヨーグルトに混ぜて食べています。カリウムは冷凍してもほとんど変化がないそうです。
 冷凍イチゴをクラッシュしておくことで、朝食のヨーグルトに混ぜて食べています。こうすることで、ヨーグルトに混ぜる糖分(我が家の場合ははちみつ)が少なくて済み、ダイエットにも最適だと思います。

ブルーベリー(冷凍ブルーベリー)


 ブルーベリーもDASH食のラインナップでは見かけませんが、カリウムがそこそこ含まれています
 冷凍イチゴ同様、スーパーやコンビニで冷凍されたブルーベリーが手に入りやすいので、我が家では冷凍イチゴと一緒に砕いてから再冷凍し、ヨーグルトに混ぜています

ラズベリー(冷凍ラズベリー)


 ラズベリーもイチゴやブルーベリー同様、DASH食では見かけませんが、カリウムが多く含まれています。
 冷凍ラズベリーは冷凍ブルーベリーよりも安価で売られていることがあるので、我が家では積極的に取り入れています。使い方は前述の冷凍イチゴや冷凍ブルーベリー同様、砕いてからヨーグルトに混ぜています。

その他-バナナ、柿、スイカ、キウイフルーツなど


 その他の果物としては、バナナや柿、スイカ、キウイフルーツなどがDASH食の果物になります。我が家の場合、これらも食卓に出ることがありますが、あくまでメインは前述の5種になります。
 バナナはコスパは最強ですが、主人があまり好みでないらしく、食卓にはほとんど出ません。
 柿やスイカなどは季節によって出すこともあります。キウイフルーツはコスパが悪くてほとんど買っていません。

-料理・食材
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© おデブな夫の高血圧を下げたい!減塩料理&ダイエットレポート , 2019 All Rights Reserved.